MENU
ミュージカル

劇団四季アナ雪【JR東日本四季劇場[春]】おすすめの座席は何列目?見え方や見やすい席も紹介!

劇団四季 アナ雪 JR東日本四季劇場[春] おすすめ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

2021年6月に開幕した、ディズニー最新ミュージカル劇団四季の『アナ雪』こと『アナと雪の女王』ロングラン上演中です。

チケットは、2023年12月30日分まで好評発売中

場所は、東京竹芝にあるJR東日本四季劇場(春)になりますよ。

他の劇場は、1,200席程度のところが多いんですが、ここJR東日本四季劇場(春)は客席数も1,500席と多く、初めての方にとっては、見え方やどこの席が見やすいのか、どこがおすすめな座席のかもわかりませんよね。

マダム
マダム
同じJR東日本四季劇場でも、(春)と(秋)では座席数も違うんですね。

そこで今回は、劇団四季の『アナと雪の女王』について、おすすめの座席や見え方、見やすい席についても口コミなどから調査しましたので紹介しますね。

アナと雪の女王【JR東日本四季劇場(春)】おすすめの座席はどこ?

『アナ雪』の公演場所である、JR東日本四季劇場(春)は、新しい街として誕生した複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」内に2020年にオープンした新しい施設なんですよ。

この「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」内にはJR東日本四季劇場(春)のとなりに四季劇場(秋)もあるんですが、違いはあるんでしょうか。

ここでは、(春)と(秋)の違いも紹介しながら、『アナ雪』【JR東日本四季劇場(春)のおすすめの座席について紹介しますね。

白チビちゃん
白チビちゃん
見え方もだいぶ違うって声もあるけど、どうなんだろ?

 

アナ雪を見るなら2階S2席センターブロック1列目がおすすめ!

劇団四季 アナ雪 JR東日本四季劇場[春] おすすめ

出展元:https://magazinesummit.jp/

他の作品は、1階のセンターブロック中央あたりがおすすめの座席なんですが、この『アナ雪』に関しては、プロジェクションマッピングを使った立体的な映像も魅力の一つなので床や壁が一望できる場所がおすすめです。

そこで1番のおすすめが、2階S2席センターブロック1列目なんですよ。

上から舞台全体を見ることができ、舞台の床や壁に移される映像もみることができるので最高です。

また、近くもなく、遠くもなく丁度よい距離感であり、前列もなく前の方の頭を気にする必要もないですからね。

音もバシバシ飛んでくるので迫力も凄いですよ。

クロコ
クロコ
全体が凍るシーンは迫力が凄いんだって!
劇団四季 アナ雪 JR東日本四季劇場[春] おすすめ

出展元:https://www.shiki.jp/

他には、距離が遠く見えにくいかもわかりませんが、全体の雰囲気を味わいたいという方には、座席料金が安いC席がおすすめですよ。

四季劇場(秋)に比べて、構造は同じような感じですが、1階、2階とも奥行が長いので、その分距離があります。

Ⅽ席のみならず、A2席やB席についてもオペラグラスの準備も忘れないようにしましょう。

マダム
マダム
A2・B席とあまり距離感は変わらないのに安価なので、まずは、雰囲気だけを味わいたいという初心者の方には、お勧めかもしれないです。

 

子ども連れにも2階S2席センターブロック1列目がおすすめ!

小さなお子さん連れの方にも2階S2席センターブロック1列目は、2階の最前列ですので、前列を気にすることなく鑑賞できるのでお勧めですよ。

そして、なんといっても、S2席およびA席には子供料金が設定されていますので、財布に優しいというメリットがあります。

ただし、中には手すりが邪魔だって声も上がってますので、シートクッションを利用するのをお勧めします。

また、四季劇場では子どもの為にシートクッションを用意していて、その子に合ったクッションを貸してくれるので嬉しい限りですね。

マダム
マダム
インフォメーションの係員さんに言えばシートクッションを貸してくれるそうですよ。

 

アナと雪の女王【JR東日本四季劇場(春)】見え方や見やすい席も紹介!

今回の『アナ雪』は、なんといってもアニメ映画の興行収入歴代1位となった作品だけに、舞台化されるやいなや凄い人気でしたね。

さらに、ミュージカルでは、アニメで監督も務めた脚本のジェニファー・リーが、さらに深化させた演出となっており、奥深い物語となっていますよ。

「生まれて初めて」などのお馴染みの楽曲に加えて新曲も10曲以上あるんだとか。

白チビちゃん
白チビちゃん
アニメからさらに深化して、見る・聞くともに楽しみだね!

ここでは、見え方の違いや見やすい席についても紹介しますね。

 

見え方の違いも紹介!

ここでは、それぞれの座席からの見え方の違いを紹介しますね。

S1席

座席見え方
センターブロック 前方
  • 舞台との距離が近くキャストの表情もしっかり見え迫力満点。
  • 勾配があまりないので、人によっては前列が気になるかもしれません。
  • 若干目線が上になるため首が疲れるかも。
  • 床に映し出される映像があまり見えません。
センターブロック 後方
  • 前列との段差はあるので見やすいです。
  • 後列になるほど距離が遠くなるのでキャストの表情は見えにくくなります。
  • オペラグラスの方もチラホラ。
サイドブロック
  • 若干サイドから見る感じになりますが、センターブロックとあまり変わりません。
クロコ
クロコ
S1席でも、見え方が違うんだね。

 

A1席

座席見え方
サイドブロック
  • 舞台との距離が近くキャストの表情もしっかり見え迫力満点。
  • 勾配があまりないので、人によっては前列が気になるかもしれません。
  • 前の方は、端のため見切れの可能性があります。
後方
  • 前列との段差はあるので見やすいです。
  • 後列になるほど距離が遠くなるのでキャストの表情は見えにくくなります。
  • オペラグラス必須です。

 

2階S2席

座席見え方
センターブロック・サイドブロック
  • 舞台との距離が近くキャストの表情もしっかり見え迫力満点。
  • 後方は、オペラグラスを利用されるかたもチラホラ。
  • 見下ろす感じで舞台全体がしっかり見えます。
  • プロジェクションマッピングの映像もしっかり見えます。

 

A2・B・C席

座席見え方
A2席
  • 距離が遠くなるのでキャストの表情は見えにくくなります。
  • 表情を見たい場合はオペラグラスが必要です。
  • 見下ろす感じで舞台全体がしっかり見えます。
  • 前列との段差はあるので見やすいです。
B・C席
  • A2席より若干距離が遠くなる以外は同じです。
白チビちゃん
白チビちゃん
四季劇場(春)と(秋)の違いは、300席分後ろに長くなってるんだね。

 

見やすい席はS1席、2階S2席センターブロック!

見やすい席は、やはり、キャストの表情や演技が真正面からしっかり見え迫力満点な、S1席、2階S2席センターブロックになります。

なかでも、5列目~15列目あたりは、近くもなく、遠くもなくという感じでステージ全体を正面から見れるのでベストだと思います。

また、2階S2席は、舞台全体が見えるのでプロジェクションマッピングの映像もしっかり見え真正面から声がバシバシ飛んできて迫力がありお勧めですよ。

アナとクリストフが雪山を登るシーンも近くに感じられて迫力があって見ごたえ十分!

クロコ
クロコ
え~、1階と2階どっちにしようか迷っちゃう。1階も近くで見えるし、2階も全体が見れるし。料金も同じなんだよね。

まとめ

今回は、『アナ雪』こと『アナと雪の女王』について、JR東日本四季劇場(春)のおすすめの座席や見え方、見やすい席についても紹介しましたがどうだったでしょうか。

1番のおすすめが、2階S2席センターブロック1列目でしたが、小さなお子様連れにもおすすめです。

見え方も、場所によって違うことがわかりましたね。

また、見やすい席は、キャストの表情や演技をしっかり見たいという方には、S1席センターブロック、全体をしっかり見たい人は2階S2席センターブロックでした。

いずれにしても、『アナ雪』JR東日本四季劇場(春)おすすめの席は、早いタイミングで売り切れになってしまいますので、早めに予約することをお勧めします。