格闘技

朝倉未来は弱いのか?世間の反応もまとめてみた!

朝倉未来 弱い
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2023年7月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント『超RIZIN.2』のフェザー級タイトルマッチで、ヴガール・ケラモフ選手(アゼルバイジャン)に、まさかの一本負けを喫した朝倉未来選手!

本人自身も呆然とした状態で何が起こったのって感じでしたが、試合後のコメントで「弱すぎた、いま自分がすごくちっぽけに感じる」と言っていました。

相手のヴガール・ケラモフ選手が強かったのか、朝倉選手が弱かったのか、ファンの間でもいろいろな声が聞こえてきます。

 
 
朝倉選手は本当は弱いのでしょうか。

朝倉未来選手は弱いのか・強いのか、みなさんも気になりますよね。

そこで今回は、朝倉未来選手は弱いのか・強いのかを調査しましたので紹介します。

また、世間の反応もまとめてみましたので紹介しますね。

朝倉未来は弱いのか?

朝倉選手といえば、愛知県豊橋市出身で元暴走族の副総長という肩書を持つ格闘家です。

そして、前田日明さんがプロデュースするTHE OUTSIDERでは、二階級(60-65kg級、65-70kg級)を制した王者なんですよ。

この、THE OUTSIDERというのは、日本中から「暴走族」や「ギャングのリーダー」などケンカ自慢を集め、格闘技を通じて不良を更生させるという目的があるんですって。

 
 
なんかすごいイベントだね!

そんなケンカ自慢のなかの王者がプロで通用するのかというと疑問は主事ますがどうだったのでしょうか。

対戦成績のみを見ると17勝4敗ということで、悪くはないですが、世界ランキングでみると現在97位と世界からみるとまだまだって感じですね。

結論から言うと、弱くはないですが、世界からみればまだまだと言った感じでしょうか。

 

朝倉未来の対戦成績も紹介!

朝倉選手のここ数年の対戦成績をまとめてみました。

プロとしては、22戦17勝4敗1無効試合なので決して悪い戦績ではないのですが。

ここ、3年だけで見ると5勝3敗とあまり戦績は良くないですね。

また、2022年9月25日には、エキシビションマッチではあるものの、史上最強のボクシングチャンピオンだった「フロイド・メイウェザー」と対戦、惜しくも2RTKOで負けています。

イベント名対戦相手戦績
2023年7月30日超RIZIN.2vs ウガール・ケラモフ1R タップアウト負け
2023年4月29日RIZIN LANDMARK vol.5vs 牛久絢太郎3R 判定勝ち
2021年12月31日RIZIN.33vs 斎藤裕3R 判定勝ち
2021年10月2日RIZIN LANDMARK vol.1vs 萩原京平3R 判定勝ち
2021年6月13日Yogibo presents RIZIN.28vs クレベル・コイケ2R TKO負け
2020年12月31日Yogibo presents RIZIN.26vs 弥益ドミネーター聡志1R KO勝ち
2020年11月21日RIZIN.25vs 斎藤裕3R 判定負け
2020年2月22日RIZIN.21vs ダニエル・サラス2R KO勝ち

 

朝倉未来の世界ランキングは?

朝倉選手の世界ランキングは、2023年7月31日現在、フェザー級97位です。

総合格闘技の世界ランキングサイト「Fighter Matrix」の調べに寄りますが、過去には最高で34位となっています。(2020年1月1日)。

では、負けた相手はどうだったのでしょうか。

選手名ランキング
斎藤裕176位
クレベル・コイケ42位
ウガール・ケラモフ50位

*2023年7月31日現在

斎藤選手は元RIZINフェザー級王者の実力者ですが、再選では朝倉選手が勝利を収めています。

また、クレベル・コイケ選手は、KSWフェザー級王者や元REBEL FCフェザー級王者など、数多くのタイトルを獲得している実力者なんですよ。

そして、今回の相手ウガール・ケラモフ選手は、現RIZINフェザー級王者というだけに、やはり強かったですね。

世間の反応もまとめてみた!

弱い、強いの判断は、人それぞれですが、ファンからみれば強い、アンチファンからみれば弱いってイメージがありますね。

ですので、評価するなら世界ランキングで見るのが一番なんでしょうが、どのスポーツでも、ランキング下位の選手が上位の選手に勝つということはよくあります。

 
 
そうだよね、負けたからって弱いとは限らないし。

ここでは、朝倉選手が世間からどう評価されているのか、プロの格闘家からの味方はどうなのかをまとめてみましたので紹介しますね。

 

朝倉未来は世間でどう評価されているのか?

ここでは、世間でどう評価されているのか紹介しますね。

結構厳しい意見が多いですね。

 

プロの格闘家からの見方はどうなの?

ここでは、プロの格闘家である前田日明さんおよび魔裟斗さんの見方を紹介しますね。

前田日明さんのコメント

  • 「格闘家としてのポテンシャルの高さ」はとても高く評価
  • 技術面に関してはまだまだ伸び代がある」といったニュアンスの発言
  • まだまだポテンシャルに頼りきりなところがある
  • 伸び代があるにも関わらず、自信を持ちすぎ

前田日明さんは高く評価していますね。

では、魔裟斗さんはどうでしょうか。

魔裟斗さんのコメント

  • いろんなことやってたら勝てないよ
  • そこで1番になれるほど甘い世界ではない
  • 続けるなら、本当にいろいろ捨ててチャンピオンになる覚悟でやらないと難しい

魔裟斗さんは辛口評価ですね。

実際に地震も体験しているだけに、そんな甘い世界じゃないよと言うことですね。

ユーチューバーや実業家として活動する“弊害”を指摘しています。

前田さんがいうようにポテンシャルはあるんで、世界をとるならすべてを捨てなさいと言うことですね。

まとめ

今回は、朝倉未来選手は弱いのか・強いのかを調査しましたので紹介しましたがいかがだったでしょうか。

また、世間の反応もまとめてみましたので紹介しました。

朝倉未来選手は、世界ランキングでみると97位ということで、弱くはないですが、世界からみればまだまだと言った感じです。

上には上がゴロゴロいるんですね。

また、世間の反応は結構厳しいものがありましたね。

ですが、ポテンシャルは高いので、世界を目指すのならすべてを捨ててチャレンジして下さい。