ようこそ実力至上主義の教室へ

よう実の漫画と小説の違いは?魅力や楽しめるのかも紹介!

よう実  漫画  小説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」をご存知でしょうか?

よう実は夢のような高校生活の中で、散財を続け自堕落な日々を送っているクラスメイトたちが、とある学校のシステムの真実を知り絶望の淵に叩き落とされるというストーリーです。

2015年には小説や漫画、2017年にはアニメの放送が始まり様々な要素で楽しめることができる人気の作品になります。

小説からアニメ化されるというのは、とても魅力的であり様々な人たちを楽しませている作品ということがわかりますね!

小説から漫画、アニメまでって凄いね

そして現在も連載中で、2024年1月にはアニメの第3期も決定している人気上昇中の作品になります。

なので今回は小説と漫画の違いや魅力をご紹介していきますね。

それぞれを比較して、双方の楽しめる部分や違いを比較していこうと思います!

 

よう実の漫画と小説の違いは?

漫画と小説の違いがいくつかありましたのでご紹介していきます。

まずは絵があるかないか、これは世間一般的な小説と漫画の違いですね。

次に挙げられるのは、キャラクターの性格が違うという意見がありました。

次に作画の違いになります。

表紙などを書いてる人が違うので、同じキャラクターでも少し違った顔つきしてるよね

そして小説では描かれている描写が、漫画では描かれていないなど様々な違いが存在しています。

こういった点から、小説と漫画の違いが複数存在しています。

詳しく解説していきますね!

 

主人公が別人レベル?

主人公が別人レベルに違うのは事実のようです。

小説では表現されていなかった描写が、漫画版では描かれているという声をたくさん目にしました。

小説とは違い絵があるので、表情で小説で思い描いていたキャラクターとイメージが違うのではないのかという疑問もありましたが、それ以上に主人公が別人のように描かれています。

主人公の綾小路は影が薄く目立つ性格ではないのですが、冷徹な一面もあるキャラクターですが、漫画ではとても表情が豊かで作画も笑い多めの崩壊気味だということが調査にてわかりました。

どっちが本当の綾小路なんだろ?

このような点から小説と漫画では主人公が別人レベルで違うと言われているのだと推測されます。

 

連載スピードが遅い?

連載のスピードですが小説が4ヶ月、漫画が半年で連載されていることが判明しました。

小説の平均連載スピードを調査したところ、2〜3ヶ月が多いので平均と比べると少しゆっくりな連載にはなりますが、決して遅いというわけではないと考えられます。

また漫画に関しても3〜6ヶ月が平均的なので、ゆっくり連載ということになると考えられますね。

ですが小説一冊の内容を漫画に収録すると3冊ほどで、やっと小説の一冊に追いつくため連載のスピードが遅いと感じてしまうのかもしれませんね。

漫画遅すぎない?

小説1冊で4か月に対して、マンガは3冊分×6か月とすると18か月かけて、ようやく小説1冊分という計算ですからね。

 

漫画の魅力や楽しめるのかも紹介!

こちらでは漫画の魅力や楽しめる要素を調査しました。

一番大きなところは、やはり絵があることによってキャラクターの表情などが想像しやすかったり、小説の活字が苦手な方でも楽しく読めるという点が、漫画の最大の魅力なのではないでしょうか?

よう実はアクションシーンが多い作品になるので、漫画の方が臨場感をもって楽しめるという点も、漫画ならではの魅力だと感じられますね!

そして漫画の方が小説と比べると身近に感じる方が多いと思いますので、よう実の魅力がとてもわかりやすくご覧になれるのではないかと思います。

 

おすすめは小説!

小説がおすすめとされる理由についても調査しました。

一番は原作という点になります。

作品を知るには原作はとても大切だよね!

漫画やアニメは原作を元に作られていますが、時間やページ数の都合などで小説には存在しているシーンが、カットされている部分がいくつか存在しているようですね。

そして物語としても小説が一番最新話まで進んでいるので、サクサク続きが読めてしまう点もおすすめです!

このような点からよう実そのままを楽しみたい方には、原作から読み始めることがおすすめかもしれませんね。

 

小説が苦手な方にはおすすめ!

ですがやはり小説のような文字だけで作り上げられているものに苦手意識を持っている方も少なくないのではないしょうか?

そのような方には、先ほど魅力を紹介した漫画から見始めることもおすすめです!

まずは漫画で、よう実の世界観に触れてみて、面白そうという興味があれば、次に進むという選択しもあります。

小説は、苦手意識があってなかなか手が出せなくても、続きが気になって小説を手に取り夢中になる可能性もありますよね!

なので小説が苦手な方はまず漫画から読んでみることをおすすめしています!

 

まとめ

今回はよう実の小説と漫画それぞれの楽しめる要素や魅力、二つの違いをご紹介しました。

漫画には漫画の、小説には小説の魅力をいくつか発見することができましたね!

また違いもいくつか存在する作品なので、比べて楽しめる作品でもあります。

そしてこの「よう実」こと「ようこそ実力主義の教室へ」は2024年の1月からアニメの第3期の放送が決定している注目作品です。

これを機にアニメだけではなく、原作である小説や漫画を手に取って楽しんでみるのはいかがでしょうか?