ウォンカとチョコレート工場

ウォンカとチョコレート工場の興行収入予想は?過去作との比較や観客動員数も紹介!

ウォンカとチョコレート工場のはじまり 興行収入 予想
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

12月8日公開の映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」

本作は、あの大ヒット映画「チャーリーとチョコレート工場」に登場する、チョコレート工場の工場長ウィリー・ウォンカの若き日を描いた作品です。

11月20日には、主役のウォンカを演じるティモシー・シャラメや、ウンパルンパ役のヒュー・グランドら豪華出演陣が来日。

映画公開記念イベントマジカル・チョコレート・ナイト」を実施し、詰めかけた大勢のファンを熱狂させました。

このように、公開前から大ヒットを予想させる「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」ですが、実際のところ、どのくらいの興行収入が見込まれているのでしょうか?

興行収入といえば、その映画の人気度を表す数値だね!過去の作品と比較したら興行収入を予想できるかも。
公開前の映画だけど「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の観客動員数も気になる!

この記事では、大注目の映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の興行収入を予想します。

過去の作品との比較や、観客動員数の予想も掲載するので、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」を鑑賞予定の方は要チェックです!

 

ウォンカとチョコレート工場の興行収入予想は?

そもそも、映画の興行収入とは、いったい何を表す数字なのでしょうか。

コマーシャルや映画紹介番組などで、「○○億円突破!」などと謳っていても、いまいちピンとこないという方も多いでしょう。

興行収入は、その映画を鑑賞するために、劇場に支払われた入場料の総額のことです。

僕たちが支払った入場料が、丸ごと興行収入になるんだね!

そして、日本では興行収入10億円を超えるとヒット作、30億円を超えると大ヒット作として扱われるようになります。

それでは、近日公開の映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」はどれくらいの興行収入が見込まれているのでしょうか?

興行収入は最低でも60億円を超えると予想しました。

次からは過去の映画の興行収入を参考に深堀して予想について紹介します。

 

興行収入は60億円を超える?

過去の映画の興行収入データを調査した結果、以下の2つのポイントを満たす映画は、興行収入が60億円を超えることが多いと分かりました。

  1. 日本でヒットしやすいジャンルである
  2. 予告映像の再生回数が多く、注目されている

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は、この2つのポイントを満たしており、興行収入は最低でも60億円を超えると予想されます。

ポイントを1つずつを見ていきましょう。

まずは、「日本でヒットしやすいジャンルである」ということ。

日本の映画業界では、幅広い世代が楽しめるアニメ映画やファンタジー系の洋画がヒットしやすい傾向にあります。

例えば、スタジオジブリ作品やディズニー映画、洋画なら「ハリーポッター」シリーズなどが思い浮かびますよね!

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は、この条件に当てはまるファンタジー系の洋画です。

さらに、本作のプロデューサーは「ハリーポッター」シリーズのデイビット・ハイマン氏が担当しているんだよね!日本人ウケは抜群だ…!

次のポイントは、「予告映像の再生回数が多く、注目されている」ということ。

公開前の映画にとって、予告映像の再生回数は、世間からの注目度が測れる重要な数値です

2023年11月時点で「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の日本向け本予告の再生回数は約250万回

同時期に公開される、ディズニー100周年記念作品「ウィッシュ」の本予告再生回数は約155万回となっており、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」のほうが100万回も多く再生されていることが分かりますね。

このように、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は日本人好みの作品で、多くの人から注目されており、興行収入60億円越えの大ヒット映画の条件を満たしているのです。

本作は、最低でも興行収入60億円を超え、100億円以上の大台も目指していける可能性が高いでしょう。

 

ティモシーシャラメの日本歴代興収も超える?

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」で、主役のウィリー・ウォンカを演じるのは、新進気鋭の俳優 ティモシー・シャラメ。

熱狂的なファンも多く、「プリンス・オブ・ハリウッド」と呼ばれるなど、海外ではすでにブレイクしているティモシーですが、日本での知名度はまだまだ。

これまでにティモシー・シャラメが主演を務めた映画といえば、「君の名前で僕を呼んで」や「DUNE デューン/砂の惑星」。

しかし、日本ではどちらの映画も大きな話題とならず、世界的には成功を収めた「DUNE デューン/砂の惑星」の興行収入も約7.6億円とかなり控えめな印象でした。

今回、過去にはジョニー・デップが演じたウィリー・ウォンカに大抜擢されたティモシー。

これまでの主演映画の興行収入を大きく飛び越え日本でも「ティモシーフィーバー」が巻き起こるのではないでしょうか。

 

過去作との比較や観客動員数も紹介!

ここまで、この冬公開の映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の興行収入の予想を紹介しました。

では、2005年公開の映画「チャーリーとチョコレート工場」の興行収入はどれくらいだったのでしょうか?

日本の歴代興行収入ランキングでは、上位100作品のうち、半分を超える約6割が洋画です。

「チャリチョコ」はTOP100に入っているのかな?

ここからは、前作となる「チャーリーとチョコレート工場」の興行収入などを紹介します。

 

チャーリーとチョコレート工場の興行収入はどうだったの?

「チャーリーとチョコレート工場」の興行収入は、53.5億円です。

日本の歴代興行収入ランキングでは、134位にランクイン!(2023年11月現在)

100位以内には入っていないものの、公開からすでに15年以上たっていることを考えれば十分健闘しているのではないでしょうか。

歴代興行収入ランキングと言えば、日本の映画業界では、続編映画が前作の興行収入を超えるのは難しいという特徴が見て取れます。

実際、社会現象にもなったディズニー映画「アナと雪の女王」は歴代興行収入ランキングで現在4位を獲得していますが、続編の「アナと雪の女王2」は26位。

一方、世界的には「アナと雪の女王2」のほうが多くの興行収入を生み出しており、「続編が弱い」というのは日本独特の現象と言えるでしょう。

じゃあ、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」も「チャーリーとチョコレート工場」の興行収入を超えられないかな?

過去のデータを見ると、少し心配になってしまいますよね。

しかし、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は前作の物語の続きではなく、完全オリジナルで制作されたウィリー・ウォンカの過去のお話です。

ダークな雰囲気は一掃し、クリスマスにぴったりの希望に満ちたストーリーとなっているので、前作を観ていない人や、小さなお子様も問題なく楽しめるでしょう。

「チャーリーとチョコレート工場」より、さらに多くの人が楽しめる「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は前作を超える興行収入を達成するでしょう。

 

ウォンカとチョコレート工場の観客動員数も予想!

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の観客動員数は、最低でも420万人を超えると予想します。

この予想は、本作の興行収入が60億円である場合の人数です。

先ほども解説したように、「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は、日本でヒットしやすいジャンルであり、公開前から多くの人に注目されている話題作。

実際の観客動員数は、大幅に増えることも十分考えられ、公開直後は劇場が埋まってしまう可能性もあります。

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の鑑賞を予定している方は、事前に席の予約ができる「ムビチケ」を購入しておくと便利ですよ!

ウォンカとチョコレート工場のはじまり ムビチケ 前売り券
ウォンカとチョコレート工場のはじまりムビチケ前売り券の購入方法は?特典や席の予約がいつからかも紹介!『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』は、若き日のウィリー・ウォンカが工場長になるまでのお話。 ジョニーデップが主演の『チャーリ...

 

まとめ

今回は、公開前の映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の興行収入や観客動員数を、過去のデータと比較し、予想しました。

前作「チャーリーとチョコレート工場」の興行収入は53.5億円。

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は、前作と比較しても、より多くの人が楽しめる映画となっており、大ヒット作品に共通する特徴も押さえていることから、興行収入は60億円を超えると予想します。

観客動員数で換算すると、420万人を超える人が劇場に足を運ぶでしょう。

本作の主役を務めるティモシー・シャラメは、今のところ日本での知名度は高くありません。

しかし、これまでの出演作の興行収入を大きく超える予想の「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」が公開されれば、日本でもティモシーフィーバーが巻き起こるのではないでしょうか。

いかがでしたか?今回の記事がお役に立てれば幸いです。