MENU
ウォンカとチョコレート工場

ウォンカチョコ販売終了なぜ?製造中止の理由や再販の可能性・中身が似てる商品はある?

ウォンカチョコ  販売終了 なぜ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みなさんチャーリーとチョコレート工場の映画は見たことがあるでしょうか?

この映画は世界で大人気のチョコレートを製造する謎の工場を舞台としたミステリー・ファンタジー映画です。

お菓子でできた庭園やお菓子に関する研究所など、お菓子であふれた工場が印象的でしたよね。

そこで登場する有名なチョコレートがウォンカチョコです。

ウォンカチョコは作中では主要な登場人物であるウィリー・ウォンカによって開発され、大人から子供まで、老若男女に愛されているチョコレートでした。

魅力的なチョコレートとして描かれていたね

このウォンカチョコですが、実は実際に販売されていたことを知っていますか?

チャーリーとチョコレート工場の映画公開時に販売されて話題となりましたね。

しかしこのチョコレートは現在製造中止をして販売終了されているようですが、なぜウォンカチョコは販売終了になってしまったのでしょうか?

製造中止って…再販の可能性はないの?似ている商品は?

また、再販の可能性や似ている商品など、ウォンカチョコについて紹介しながら解説します。

 

ウォンカチョコ販売終了なぜ?製造中止の理由は?

チャーリーとチョコレート工場の映画で物語のカギとなるのがウォンカチョコでしたね。

ウォンカチョコはその映画公開時にネスレにより実際に商品化されました。

通常の板チョコよりも厚いミルクチョコレートの中に甘いキャラメルの入ったこのチョコレートは季節限定で販売されるなど、現実でも人気のチョコレートだったようです。

そんなウォンカチョコでしたが、2018年に販売を終了してしまいました。

楽しみにしていた人たちにはショックだね

それではなぜこのような人気のチョコレートは販売を中止してしまったのでしょうか?

結論から言うと、ネスレが菓子事業を売却してしまったためなんですね。

それでは詳しく説明していきます。

 

ウォンカチョコ製造中止や販売終了の理由は何?

ウォンカチョコの販売元はネスレという会社でした。

ネスレはネスカフェやキットカットの会社として知っている人も多いのではないでしょうか?

ウォンカチョコを手掛けていたネスレ米国は2018年に菓子事業をイタリアのフェレロという会社に売却しました。

菓子事業を売却することでコーヒーなどの他の事業に専念するという決断をしたためです。

つまり企業戦略として菓子事業を売却したということですね。

その際にウォンカのブランドも譲渡したため、ウォンカチョコは販売終了となったようです。

 

菓子事業の売却先はどこ?

ウォンカチョコを販売していたネスレ米国はフェレロという会社に菓子事業を売却しました。

フェレロはイタリアの食品会社でチョコレート製品を中心に製造・販売しています。

特にフェレロ・ロシェは華やかな金色の包みでラッピングされ、チョコレートとナッツそれぞれの味を堪能できるご褒美チョコレートとして人気のようです。

新しい会社はウォンカチョコを作らないのかな?

ネスレからの菓子事業を買収することでウォンカチョコの販売権を得たフェレロですが、そのウォンカチョコの製造については未定としているそうです。

つまりネスレが作っていたウォンカチョコの復活はしばらく望めそうにないということですね。

 

ウォンカチョコ再販の可能性や中身が似てる商品はある?

ここまで紹介してきたように、映画に出てくるウォンカチョコを再現したチョコレートの会社は他社にその製造業を売却してしまったため、今ではウォンカチョコは手に入らなくなってしまいました。

しかし、映画のファンや甘党にはたまらないこのチョコレートを手に入れたい、今でも食べたいという人もいますよね。

それでは、ウォンカチョコの再販の可能性や似ている商品はあるのでしょうか?

 

再販の可能性はある?

チャーリーとチョコレート工場の映画で主人公が工場見学へと招待されるカギとなったウォンカチョコですが、実際に販売されていたとなるとまた手に入れたいと思う人もいますよね。

また、映画の中で魅力的な存在として描かれていたこのチョコレートですが、実際に販売されていたチョコレートも、そのミルクチョコレートとキャラメルのコンビネーションに魅了される人が多かったようです。

そんなチョコレートならすぐにでも食べてみたいよね

しかし、先ほども少し触れましたが、ウォンカチョコの販売権を得た会社のフェレロは、ウォンカチョコの再販について不明という回答をしており、その後目立った動きはないようです。

つまり、今のところ再販の可能性はないといえそうですね。

 

中身が似ている商品を紹介!

それでもウォンカチョコを食べたいという人もいますよね。

そこで似ている商品を楽しんではいかかでしょうか?

ウォンカチョコは海外特有の甘いミルクチョコレートとキャラメルが特徴のチョコレートでした。

その要素を持ったチョコレートについて紹介します。

 

ギラデリチョコレート

ギラデリチョコレートはそのとろとろのキャラメルを特徴とするチョコレートです。

そのキャラメルソースがウォンカチョコとそっくりだとSNSで話題となっているようです。

一番ウォンカチョコに近そうだよね

ウォンカチョコの特徴を一番とらえたチョコレートであることから、本物そっくりの食感を味わいたい方にピッタリですね。

 

ゴディバ

ゴディバのマスターピースバーはウォンカチョコと同じくミルクチョコレートがキャラメルを包み込んだチョコレートです。

いくつか味に種類がありますが、この甘いミルクチョコレートとキャラメルのバーが特にウォンカチョコと近いとされているようです。

みんなよく知っているブランドだから手に取りやすそうだね

このチョコレートはキャラメルとミルクの融合にこだわりのある人にピッタリといえそうですね。

 

スニッカーズ

スニッカーズはよく知っているという人もいるのではないでしょうか?

このチョコレートはそのねっとりとした食感がウォンカチョコと似ているといわれています。

スーパーやコンビニで見かけることが多いよね

身近に手に入りやすいこともあり、手軽にウォンカチョコと似た商品を試したいという人におすすめです。

ウォンカチョコといえば「チャーリーとチョコレート工場」というくらい身近な存在ですが、ウォンカチョコを思い出すと、「チャーリーとチョコレート工場」が見たくなりますよね。

ここでは、「チャーリーとチョコレート工場」のテレビ放送予定について紹介していますので合わせてご覧下さい。

チャーリーとチョコレート工場 テレビ  放送 予定 
チャーリーとチョコレート工場|金ローテレビ放送予定2023いつ?地上波やBS・CSの再放送日程もお届け!『チャーリーとチョコレート工場』はジョニー・デップ主演で2005年に公開された人気映画! 興行収入は53億円を記録し、2005年に...

 

まとめ

ここまでウォンカチョコについてなぜ販売終了となったのか、製造中止の理由なども紹介しながら、その再販の可能性の有無や似ている商品についても紹介してきました。

なぜ製造が中止され、販売終了になったかというと、ウォンカチョコはその販売していた会社が菓子事業を売却してしまったので販売終了になったからでした。

また、買収した会社も再販について動きを見せておらず、再販の可能性は低いということもわかりました。

そこでウォンカチョコのファンはギラデリチョコレートなどの中身が似ている商品を代わりとして楽しんでいるようでした。

ウォンカチョコについて知ることでまた更に映画への楽しみが増えたのではないでしょうか?

これを機にもう一度そのチャーリーとチョコレート工場の映画に思いを馳せながら、その甘いチョコレートを楽しんでみてはいかがでしょうか?