映画

ヴォルデモートの鼻はなぜない?顔はいつから変化した?|ハリーポッター

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ハリーポッターの登場人物であるヴォルデモートはご存知でしょうか?

そしてヴォルデモートの顔には鼻がありません。

昔は鼻もあったんだよね?いつから変わってしまったんだろう

ヴォルデモートの鼻がいつから、なぜないのかはとても興味深く変化の原因も気になりますよね?

顔が変化するなんて、ハリーポッターの世界観らしいと思いませんか?

今回はいつから顔が変化したのか、鼻がなぜないのかを解説していきます!

 

ヴォルデモートの鼻はなぜないの?

まず「賢者の石」の段階では、ヴォルデモートには目も鼻もきちんと存在していることはご存知でしょうか?

なので元々鼻が無いわけではありません。

原作で説明があり、分霊箱を作成したことで変化したとありました。

分霊箱を作れば作るほど強くなれるけど、人間性がなくなっていくんだよね!

分霊箱を作っていく段階で、徐々にヴォルデモートの顔色は白くなり、蛇のような見た目になっていったと考えられます。

分霊箱についてはのちに詳しく説明していきますね!

 

若いころは美青年だった?

ヴォルデモートは「トム・マールヴォロ・リドル」という、最も優秀なホグワーツの生徒でした。

そんな彼が最悪の魔法使いになってしまったんだね

そして若い頃の彼の見た目は、現在の蛇のような顔とは違いネット上ではまさしく「イケメン」と言われる見た目です。

美少年であった顔立ちからあのような顔立ちになってしまうと、同一人物かも疑ってしまうという声も見かけました。

 

分霊箱の副作用とは?

分霊箱についてご紹介していきます。

分霊箱とは英語で「Horcux」でラテン語にするとHor=Horreum(倉庫)・Crux=Crucius(苦痛・拷問)を表す造語になっているのはご存知でしょうか?

分霊箱は人を殺し自分の魂を引き裂いてその魂を魔法器に収納しているものなのです。

魂を分けることで、死ににくくなるんだよね

もちろん死ぬリスクは減りますが、分霊箱には副作用があります。

それは魂を分けることで、人間性を失いヴォルデモートのような容姿になるということが調査の結果わかりました。

 

ヴォルデモートの顔はいつから変化したの?

ヴォルデモートの顔の変化は映画では4作目である「炎のコブレット」で復活した時には鼻がなくなっていました。

ですのでその間でなくなったと考えられます。

ですが原作の小説では、「謎のプリンス」の際にハリーがダンブルドアの記憶を見るシーンはご存知でしょうか?

その記憶に出てくるヴォルデモートのことを、火傷を負い顔立ちがはっきりとしておらず奇妙に変形した蝉細工のようだと表せられています。

このように原作と映画で顔の変化をしたタイミングが分かれていますが、それぞれ理解していただければ幸いです。

 

分霊箱を作り始めてから?

学生の頃は美青年と言われたいた彼が、あの容姿になってしまったのは分霊箱を作り始めてからと考えられます。

ヴォルデモートは分裂箱を7個も生成したんだよね!
魔法界では7が一番強い数字とされているから7個にしたかったのかな?

先程紹介したように魂を引き裂いて作成する分霊箱なので、7個も作り上げてしまったヴォルデモートの顔が人間離れしていても、おかしくありませんよね?

 

顔は特殊メイク?CG?

ヴォルデモートの見た目はCGなのか特殊メイクなのかとても気になりますよね?

調査をしたところ顔のメインは特殊メイクであることが判明しました!

あの見た目がメイクでできるって、すごい技術だと思わない?

髪を坊主にして血管を表すタトゥシールで、上瞼に厚みが出る特殊なメイクをしているそうです。

メイクで付け足すことができても、鼻を消す事はできないよね?

メイクでは流石に鼻を無くすことはできないので、鼻の部分のみはCGが使われていたようです!

なのでヴォルデモートの顔は、特殊メイクとCGで作り上げているという事が判明しましたね!

 

まとめ

今回はハリーポッターに登場するヴォルデモートの顔は、いつから変化していったのかご紹介しました。

彼の顔から鼻がいつからなくなってしまったのか・なぜないのか変化の理由は理解していただけましたでしょうか?

分霊箱がとんでもない鍵を握っていましたね!

調査をしていく中で鼻がなぜないのか気になっている方が多くいらしたので解決できていたら幸いです。

そして1月12日から4週連続でハリーポッターは金曜ロードショーにて放映されているのはご存知でしょうか?

ヴォルデモートとの戦いにも目が離せないと思いますので是非ご覧になってみてください!