MENU
SPY×FAMILY

劇場版スパイファミリーの年齢制限は何歳から?怖いシーンは子供でも大丈夫?

スパイファミリー 映画 年齢制限
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』の映画が2023年12月22日に公開!

冬休みに家族で、スパイファミリーの面白さ、感動を味わいたいと思っている人は多いことでしょう。

そこで、気になるのが、年齢制限は何歳からなのか、子供が怖いと感じてしまうんじゃないかということです。

年齢制限あるの?

怖いと思うかな〜?

今回の記事では、スパイファミリーの年齢制限は何歳からなのか、子供が怖いと感じてしまうようなシーンがあるのかを考察していきます。

 

スパイファミリーの年齢制限は何歳から?

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』は、原作者の遠藤達哉氏が監修・キャラクターデザインしており、完全オリジナルの新作ストーリーです!

フォージャー家が初めての家族旅行に出かけることから始まり、アーニャが飲みこんでしまったチョコレートには隠された秘密があるということで、アーニャたちは世界の危機に巻き込まれていく物語になっていますよ。

アニメでもすごく人気があり、映画もとても面白そう、家族で見にいきたいですよね。

アーニャ可愛すぎる!

そこで、『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』の年齢制限が気になりますが、年齢制限はありませんでした。

次からは、子供が見るときの配慮事項等について考察していきます。

 

何歳でも見れるの?

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』の公式サイトを確かめたところ、年齢制限は何歳からという記載はありませんでした。

映画では、誰でも見れると言うことですね。

よかった~子供が見たいと言っていたから安心!

しかし、TVアニメ『SPY×FAMILY』では、動画配信サービス・アマゾンプライムやディズニープラスなどで年齢制限が13歳以上の設定になっていますね。

暴言、暴力、残虐な暗殺シーン、動物虐待などが制限の理由として挙げられています。

ロイドのスパイの極秘任務とか、ヨルが殺し屋の仕事をしているシーンでは血を流しているところも多いかな。

そこで、子供が見るときの配慮事項はあるのか考察していきます。

 

子供が見るときの配慮事項はある?

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』は、年齢制限もないため親子で楽しむことができそうですが、子供が見る時の配慮はあるのでしょうか。

他の映画を見る時と同じように、特別に配慮する必要は無さそうです。

しかし上映時間は120分前後だと思うので、その間は席で静かに座っていなければいけませんね。

子供の性格にもよりますが、長時間座っていられない年齢の子供は避けたほうがよさそうです。

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』は親子で楽しむことができそうな映画ですが、怖いシーンは子供でも大丈夫なのかを考察していきます。

 

怖いシーンは子供でも大丈夫?

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』では、世界を揺るがす事件に巻き込まれているアーニャの周りで、スパイや殺し屋などが戦いを始めてしまうんです。

しかし、アニメでもフォージャー家の家族には、よく戦闘シーンなどが起きるんですが、そういうところは、コミカルに描かれていて面白おかしくしてくれるのでいいですよね。

そういうことからすると、戦闘シーンなどの怖いシーンはありますが、子供が見ても大丈夫そうですね。

冬休みから公開する劇場版もアニメ同様、子供も楽しめるストーリーになっていると思いますので楽しみです。

次からは、怖いシーンがあるのか、子供でも楽しめる映画なのかを詳細に考察していきますね。

 

怖いシーンはあるの?

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』の予告映像から考察すると、アーニャが囚われているところや、戦闘するところなどは怖いシーンはあります。

アーニャ大ピンチ!戦争がおこってしまう?

父はスパイ、母は殺し屋だから戦闘シーンはあるだろうね。

戦闘シーンの中にはピストルで撃たれたり、返り血の描写などあると思われます。

それを怖いと感じる子供もいるでしょう。

ただし、血が飛び散っているシーンなどはアニメでもそうですが、そんなにリアル感はないので、小さな子どもでも安心して見れるのではないでしょうか。

それでも、気になる方はアニメを見てから判断してもいいと思います。

 

子供でも楽しめる映画なの?

結論は子供でも楽しめます!

しかし、ハプニングに巻き込まれる設定なのでわくわく、ドキドキの展開に子供の反応も気になるところですね。

『劇場版SPYxFAMILY CODE:White』は、フォージャー家にとって初めての家族旅行、その中で起こるハプニングの連続!

アーニャが飲み込んだチョコレートで世界の危機が迫っている!という緊迫したストーリーのようですよ。

ドキドキしてきますね。

フォージャー家のセリフの中に、ロイドが「必ず取り戻して見せる」というセリフやヨルの「家族は一緒」、アーニャの「アーニャが助ける」といった家族が互いに助けようと奮闘するシーンもあるようです。

偽装家族ですが、フォージャー家の人たちは家族を大切に思っているところがいいですよね。

ロイドが「アーニャ、待ってろ!」の予告映像見たよ。かっこいい!

SPYxFAMILYはアニメでも笑いあり、アクションあり、感動するストーリーになっています。

主人公のアーニャも6歳(本当は4歳かな)「人の心が読める」「かわいい」と、子供たちに大人気のキャラクターなんです。

子供たちに大人気のアーニャが楽しんでるところ、そして頑張る姿をみてきっと応援してくれるでしょう。

 

まとめ

スパイファミリーの年齢制限は何歳からなのか、怖いシーンはあるのか、子供でも大丈夫かを考察してきました。

スパイファミリーの公式で確認したところ、年齢制限はありませんでした。

怖いと感じるところは、アーニャが囚われているシーンや戦闘するシーンなどであるかもしれません。

不安な場合、映画を見た人の反応を聞いてから判断するのもいいと思います。

ですが、アニメもそうですが、スパイファミリーは面白おかしく、楽しませてくれる映画なので、ぜひ、みんなでワクワク、ドキドキしましょう。

そして、子供たちが大人気のアーニャも活躍するので応援しに冬休みはぜひ、劇場に足を運んでくださいね。