MENU
ディズニー映画

ワンスアポンアスタジオにいないキャラは?モンスターズインクやロジャーラビットは出てない?

ワンスアポンアスタジオ  いない キャラ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『ワンスアポンアスタジオ -100年の思い出』は、2023年10月16日のウォルト・ディズニー・カンパニーの100周年に向けて制作された、約9分間の短編映画です。

2023年11月22日に劇場公開されたディズニー映画『ウィッシュ』と共に、同時上映されました。(日本では12月15日特別吹替付きで同時上映されています)

それはそれはたくさんのディズニーキャラクターが登場し、一つの場所から豪華共演をしていたので、特にディズニー好きの人にはたまらない作品だったのではないでしょうか。

筆者も欲を言うと、短編映画ではなく長編映画にして、この様子を2時間くらい見ていたいと思ったほどの映画でした。

もっともっと見たかったな~

そんなワンスアポンアスタジオにはたくさんのディズニーキャラクターが登場しますが、鑑賞した方からは人気作品のモンスターズインクのキャラクターや、ロジャーラビットがいない!という声も聞こえてきました。

そこで今回は、作品の中でモンスターズインクのキャラクターやロジャーラビットは本当に登場していないのかについて、調査していきます。

 

ワンスアポンアスタジオにいないキャラは?

たくさんのディズニーキャラクターが大集合している作品ですが、登場しないキャラクターはいたのでしょうか。

調べたところ登場しないキャラクターの代表作品としては、トイ・ストーリーやモンスターズ・インク、Mr.インクレディブルなどが挙げられます。

たくさんの人々に長年愛されており、ウッディやバズ・ライトイヤーは特にとても人気なキャラクターですよね!

それなのになぜ、登場しなかったのか不思議でなりません。

 

登場キャラは全部で543体!

9分間という短い作品の中で、なんと登場したのは全部で543体のキャラクター達でした。

物語のはじめ、ミッキーマウスとミニーマウスが壁の写真から抜け出して登場します。そこから、さまざまなディズニー作品のキャラクター達がみんなで集合写真を撮るために、どんどん登場してきます。

ほんの一部とはなりますが、ご紹介していきます。

ワンスアポンアスタジオ登場キャラクターの一部
  • ミッキー&フレンズ:ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー
  • ピノキオ:ピノキオ、ジミニー・クリケット、ゼペット
  • ズートピア:ジュディ、ニック、フラッシュ
  • 不思議の国のアリス:アリス、マッドハッター、ハートの女王
  • アナと雪の女王:アナ、エルサ、オラフ
  • リトルマーメイド:アリエル、フランダー、スカットル
  • アラジン:アラジン、ジャスミン、ジーニー

全部で543体のキャラクターが登場している作品なので、ほんの一部ですが、他にもシンデレラや塔の上のラプンツェル、美女と野獣などたくさんのディズニー作品のキャラクター達が勢揃いしているので、きっとあなたの好きなディズニーキャラクターにも会えるのではないでしょうか。

 

出てこないキャラは誰?

ここでは、作品の中で残念ながら登場しなかったキャラクターについてご紹介していきます。

まず、ウッディやバスライトイヤーなどのトイ・ストーリー作品です。

また、ジェームズ・P・サリバンやマイク・ワゾウスキなどのモンスターズ・インク作品、ニモやクラッシュなどのファインディング・ニモ作品も出てきませんでした。

ディズニー作品なのに、登場するキャラクターと登場しないキャラクターの違いは何なのでしょうか。

有名な作品なのになんでだろう…

 

モンスターズインクやロジャーラビットは出てない?

ワンスアポンアスタジオという作品には、たくさんのディズニーキャラクターが登場しますが、モンスターズ・インク作品のキャラクターや、ロジャーラビットは登場しませんでした。

モンスターズ・インクやロジャーラビットだけでなく、他にも登場しなかったキャラクター達もいましたね。

自分の好きなキャラクターが登場していないと、ちょっと寂しい気持ちになってしまいますが、それにはどうやら明確な理由があったようです。

 

ピクサー作品は違うの?

作中で登場しなかったキャラクターについてご紹介してきましたが、共通点としては、ピクサー作品ということでした。

確かにトイ・ストーリーもモンスターズ・インクもファインディング・ニモも、ディズニーピクサー作品ですよね!

では、なぜピクサー作品のキャラクター達は登場しなかったのでしょうか。

今回のワンスアポンアスタジオという作品は、ウォルト・ディズニー・カンパニーの100周年に向けて制作された作品となります。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作をし、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが公開しました。

そのため、ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社という位置づけであるピクサー・アニメーション・スタジオに関しては、携わっていないということになります。

なるほど!だからピクサー作品のキャラ達は登場しなかったのか~

 

タッチストーン・ピクチャーズ製作も違うの?

ロジャーラビットはピクサー作品ではないのに、なぜ登場しなかったのでしょうか。

その理由としては、ロジャーラビットは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品ではなく、タッチストーン・ピクチャーズ製作の作品だからです。

映画に登場するトゥーンタウンは、東京ディズニーランドにもあるエリアなので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ウォルト・ディズニー・カンパニーであったら、ミッキーマウスやドナルドダック、ワーナー・ブラザースであったら、バッグス・バニーが出演しているように、いわゆるこちらの作品はクロスオーバー作品となります。

そのため、ピクサー・アニメーション・スタジオと同じように、ロジャーラビットもウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作した作品ではないため、出演していませんでした。

 

まとめ

今回は、ワンスアポンアスタジオという作品には、モンスターズインクのキャラクターやロジャーラビットは出演していないのか調査し、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

モンスターズ・インクのサリーやマイクなどのキャラクターは、ピクサー・アニメーション・スタジオの作品なので、出演していないことがわかりました。

ロジャーラビットは、タッチストーン・ピクチャーズ製作の作品なので、こちらも出演していないことがわかりましたね!

ワンスアポンアスタジオを鑑賞した方の感想は、たった9分間という短い作品なのに、涙が止まらなかった!や、感動した!といった意見もとても多い作品のようです。

特別吹き替え版を鑑賞できるのは劇場のみなので、是非この機会に映画館で堪能してみるのはいかがでしょうか。