君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるかジブリ感想は辛い・つまらない?おもしろい?

君たちはどう生きるか ジブリ 感想
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スタジオジブリの長編アニメ『君たちはどう生きるか』が、2023年7月14日いよいよ公開されました。

公開当日まで一切情報公開せずということで、どうなっているんだろうって思ってましたが、予定通り公開されましたね。

 
 
SNSでは、つまらないや面白いなどいろんな感想が書かれてますね。

『君たちはどう生きるか』ジブリは辛い・つまらないのかおもしろいのか、これから見に行く方にとっては気になりますよね。

まだ、始まったばかりですが、世間の反応も気になります。

そこで今回は、『君たちはどう生きるか』ジブリの感想は辛い・つまらないのかおもしろいのかをまとめましたので紹介しますね。

 

君たちはどう生きるかジブリは辛い・つまらない?

『君たちはどう生きるか』は、小説のタイトルをつかっているものの、ストーリーは全くのオリジナルといっていましたが、その通りでしたね。

ポスタービジュアルの鳥人間のような人物は、人の言葉が喋れるアオサギとして登場しました。

そのアオサギに導かれるように、主人公の真人は異世界へ母探しの旅に出ます。

この、異世界での冒険こそが宮崎ワールドといってもいいでしょう。

見た方からは意味がわかんないとか、つまらない、という声も聞こえてきます。

ここでは、なぜ辛いやつまらないと言われるのかを紹介しますね。

 

君たちはどう生きるかは難しくてわからない?

今回の『君たちはどう生きるか』は、情報が一切なく、先入観なく真っ白な状態で見てほしいという鈴木Pの気持ちはよくわかりますが、そこが難しくさせてるのではと思います。

まず、テーマがわかりにくい。

そして、宮崎駿監督は何を伝えたかったのかがわかりにくい。

過去の作品においても、同様に難しくてわからないという声も聞こえてきましたが、過去の作品は、事前に情報があり、テーマ等もわかっていました。

なので環境であったり、戦争であったりといったテーマを知ったうえで見ることにより「あ~なるほど、これが言いたかったのか」「これを伝えたかったのか」とイメージできたと思います。

しかし、今回の『君たちはどう生きるか』は難しいととらえられているのではないでしょうか。

 
 
なるほど、そうだよね、前情報があればそれなりに楽しめるけど、ないとわけわからなくなっちゃうよね。

そう、特に、現実の世界と異世界がでてくるもんだから頭がごちゃごちゃになっちゃいますよね。

同じ人物なのに異世界では別人のようですから。

だから、内容が難しいわからないから辛い・つまらないということでしょうね。

 

辛口評価を紹介!

ここでは、すでに見に行った方からの辛口評価を紹介しますね。

これは過激な発言ですね。

やはり、意味不明だとか自分には理解できないという声が多く、そこがつまらないと言われている理由でしょうね。

 

君たちはどう生きるかジブリはおもしろい?

ストーリーは、第2次世界大戦下の日本なんですって。

主人公の少年・牧眞人(まきまひと)は母を火事で亡くし、父親の再婚の関係で田舎で住むことになったんですが、家で眞人は偶然、1冊の本を見つけます。

この本こそが、小説『君たちはどう生きるか』のようです。

宮崎駿監督はタイトルだけをかりたといっていましたが、小説の『君たちはどう生きるか』が登場しましたね。

そして、小説同様、ジブリも少年の成長を描いており、伝えたかったことは同じような気がします。

ここでは、おもしろかった、感動したという声も多く聞かれましたのでそのあたりを紹介しますね。

 

君たちはどう生きるかジブリはディズニーよりおもしろいの?

つまらないという声がある反面、おもしろかったという声も聞こえてきます。

こちらは、逆に、事前情報がないだけに真っ白な状態で見られてよかったというのが要因のようですね。

鈴木Pの作戦が当たったって感じですね。

なかには、過去の作品を足して2で割ったような感じだとか、過去作と比較して見られた方もいたようですよ。

また、ディズニー作品と比較してみると、ジブリがきらいな人にとっては、ディズニーのほうが面白いと思うでしょうし、ジブリが好きな人にとっては、ジブリの方が面白いと言うでしょうね。

 
 
スラムダンクがあまり情報を出さずに大ヒットしたことから鈴木Pもいけるんじゃないってふんだのかなあ?

たしかに、最近の作品は宣伝が過剰になってる感があったのでというのもあります。

事前情報があるなしで大きく意見が分かれる形になりましたね。

 

君たちはどう生きるかジブリのおもしろい評価を紹介!

ここでは、公開間もないですが、見られた方の反応を紹介しますね。

やはり、単純におもしろかったというよりは、難しいといったほうがいいようですね。

他にもこんな意見がありました。

  • 宮崎駿監督が『僕こう生きた。君たちどう生きる』と問いかけた作品なのなと感じた。
  • いろんなものに囚われずに自分らしく生きていきたい。
  • 協賛クライアントも一切つけず、制約なく宮崎駿が描きたいように描いたのコレなの、と、胸にズシッとくる感。
  • 思うところあるけど…ジブリ集大成だなー
 
 
一度見ただけではわからないようなので2回、3回とみることによって面白さもわかってくるのかもわかりませんね。

 

まとめ

今回は、『君たちはどう生きるか』ジブリの感想は辛い・つまらないのかおもしろいのかをまとめましたので紹介しましたがいかがだったでしょうか。

見た方からは、事前の情報があるなしで意見が大きく分かれていましたね。

情報がなくて意味が全くわからなく辛い・つまらなかったという声もありました。

逆に情報がないことによって、真っ白な状態で見れておもしろかったという声もありました。

どっちにしろ、話題性がるのは、さすが、宮崎駿監督と言った感じでしょうか。

これから『君たちはどう生きるか』ジブリを見る方もこれらつまらなかった、おもしろかったという声を参考にしていただければと思います。