映画

ジョン・ウィック4に出演「リナサワヤマ」とは何者?女優デビュー作なの?

ジョン・ウィック4 出演 リナサワヤマ 
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2023年9月22日に大人気シリーズの『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』が公開されます。

前作から4年、世界77カ国初登場1位&シリーズ最大のヒット作となっている『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』がついに日本でも公開されるということで、たくさんのファンが今か今かと待ち望んでいるのではないでしょうか。

また映画館でキアヌ・リーブスのアクションが見れるなんて!!

今作の話題となっているのは主演キアヌ・リーブスが魅せるアクションだけではありません。

『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』に出演している「リナサワヤマ」という女性は一体何者なのかとファンの間で話題になっているのです。

本作が女優デビュー作らしいのですが、一体どんな演技を魅せてくれるのか気になりますよね。

そこで今回は、『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』に出演し本作で女優デビューを果たした「リナサワヤマ」とは一体何者なのかを見てみましょう。

 

映画「ジョン・ウィック4」に出演の「リナサワヤマ」とは何者なの?

元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクションで、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を中心とした独自のアクション世界を展開する『ジョン・ウィック』シリーズ。

4作目となる本作は、裏社会の掟を破り粛清の包囲網を逃れたジョン・ウィックが、裏社会の頂点に立つ組織・主席連合から自由になるべく立ちあがる姿を描いたものになっています。

そんな本作に突如として現れたのが「リナサワヤマ」という女性。

名前からして日本人だと思うけど、どうなのかな?

ファンの間でも一体何者なのかと話題になっています。

ここでは「リナサワヤマ」のプロフィールと共演者との関係を紹介して行きます。

 

「リナサワヤマ」プロフィールを紹介!

さっそく、「リナサワヤマ」のプロフィールを見て行きましょう。

  • 本名:澤山理奈
  • 生年月日:1990年8月16日
  • 国籍:日本
  • 出身地:新潟
  • 身長:171cm
  • 職業:歌手、音楽プロデューサー、女優

国籍は日本で出身地も新潟とのことですが、5歳ごろから両親の仕事の関係で育ちはイギリスのようです。

両親の離婚後、母親とロンドンに残り10代から曲作りを始め、名門ケンブリッジ大学で政治学や心理学を学んだ後、本格的にアーティスト活動を開始したとのこと。

恋愛対象の性別を問わない趣向の人を意味する、パンセクシュアルを表明しておりそれが原因で過去には性差別や人種差別を経験し自殺を考えるほどの鬱にもなったとか。

しかし、その経験が生き方や曲作りに大きな影響を与え、今では次なる「レディー・ガガ」と称され注目されています。

では歌手である彼女がなぜ『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』に出演することになったのでしょうか。

 

共演者との関係も紹介!

では、なぜ『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』に出演することになったのでしょうか。

『ジョン・ウィック』の監督であるチャド・スウィエルスキの目に留まり、主演のキアヌ・リーブスと彼女のMVを見て決めたとのこと。

そんな偶然な出会いだったとは・・・!

そんなリナサワヤマは主演のキアヌ・リーブスとの関係について、

「キアヌに最初に会ったのは、ベルリンのジムで、そこでトレーニングを開始して、撮影までの5週間でキアヌと毎日ジムで一緒にトレーニングしていた。もちろんキアヌはそこで、もう何週間も何ヶ月もトレーニングしているのは明らかだったけど。つまり、毎日彼のすぐそばでトレーニングしていたわけだから、本当にクレイジーだよね。彼は本当にナイスで、みんなが言っていた通り、すごく謙虚な人で、優しくて、落ち着いていて、すごく禅な人で、平穏で、すごく良いアドバイスもくれた。どうやってアクションシーンをやり抜けばいいのかも教えてくれたし。彼は本物だから。本当に最高だった」

出典元:https://rockinon.com/blog/nakamura/205903

と語っており、撮影前からキアヌとトレーニングしていたんですね。

そして本作で、リナサワヤマの父役を演じる真田広之に関しても、

「真田さんは素晴らしい人で、もちろん最高の俳優でもあり。彼は自分が演技していない時ですら、私を指導してくれたし、私と一緒に練習もしてくれた。私と一緒に台本を毎日読んでくれた。『もしやりたかったらやるから言って』と言われて、本当にやったの。心が広くて、優しくて、一緒にロビーを歩くシーンがあるんだけど、それが私が一番好きなシーンだった。何度もリハーサルしたから。それで撮影が終わるごとに、『もう少しこうしたら』と言うようなことも教えてくれた。すごく楽しかった。彼がいなかったら、どうすればいいのか分からなかったと思う」

出典元:https://rockinon.com/blog/nakamura/205903

というようにかなり共演者に恵まれた撮影だったのではないでしょうか。

 

「ジョン・ウィック4」が女優デビュー作なの?

なぜここまで「リナサワヤマ」が話題になっているかというと、この『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』が女優デビュー作だからなんですよ。

歌手としては「The 1975」など人気アーティストが所属するUKレーベル「Dirty Hit」と契約し、自ら作詞作曲を手掛けています。

また、メッセージ性の強い独特の世界観が話題となり、レディー・ガガが自ら作成した国際女性デーを記念するApple Musicのプレイリストに追加されたり、Spotifyで新進気鋭のアーティストに選ばれるなど、世界的にもその実力を見せつけています。

では、女優デビュー作となる本作ではどのような演技を見せているのでしょうか。

 

「リナサワヤマ」の演技はどうなの?

9月22日公開とあり、まだ『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』の演技を評価するコメントや記事は少ないですが、彼女は自身のMVをプロデュースし実際に出演もしています。

そのMVを見てみるとかなりイケているんです!

リナサワヤマのMVのコンセプトはかなり完璧なようで、酔っ払ったサラリーマンから〝ヘドバン〟する幽霊、さらにはパンセクシュアルで3人婚をするカウガールまで、彼女はあらゆるキャラクターに扮しています。

そんなリナサワヤマについて監督はインタビューで

「リナが、“ジョン・ウィック: チャプター4”に参加し、映画デビューを飾ってくれることが凄く嬉しいです」と語り、「彼女は非凡な才能を持っていて、本作でもそれを存分に発揮してくれるでしょう」

出典元:https://www.billboard-japan.com/

と絶賛しているとのこと。

女優デビュー作ではありますが、撮影に向け自律心を育んだり、アクション映画ということでスタントのトレーニングをするなどし、磨きをかけたリナサワヤマのアクションはとても楽しみですね!

 

世間の反応もまとめてみた!

日本での公開は9月22日で、まだ試写会などもほとんど開催されていない為一般の観客の方たちの声はなかなか聞けませんが、一足先に海外などで映画を見た人たちの評価を見てみましょう。

実際に見た人たちからは絶賛の声が多く上がっている印象ですね。

それは是非映画館で見てみたいな!

 

まとめ

さて、今回は『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』に出演し、本作で女優デビューを果たす「リナサワヤマ」について見てきました。

ジョン・ウィックファンの間では一体何者なのかと、話題になっていましたがこれでスッキリできたでしょうか。

ますます『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』を映画館で見たくなってきたな〜!

何者かと騒がれていた「リナサワヤマ」が出演する本作では、弓や短剣を駆使したスピーディーなアクションを披露しているようです。

是非、皆さんも『ジョン・ウィック4/コンセクエンス』で女優デビューを果たした「リナサワヤマ」の演技を劇場で見届けてみてはいかがでしょうか。