映画

ダンブルドアの死亡はいつで理由は?スネイプとの関係も|ハリーポッター

ダンブルドア  死亡 いつ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはハリーポッターを見たことはありますでしょうか?

たくさんのシリーズがある、大変人気の作品ですよね!

キャラクターに主人公のハリーが通う、学校の校長であるダンブルドア・教師のスネイプはご存知でしょうか?

結論を申し上げますと、ダンブルドア校長は作品の中で死亡してしまいます。

いつ死亡してしまったのか、そしてどんな理由で死亡をしてしまったのか気になると思いますので、調査していきますね!

いつ、どこで、どんな理由でってとても大事だよね!

そしてハリーポッター作品で、ダンブルドアとスネイプの存在は大きなものですので、2人の関係も解説していきます!

 

ダンブルドアの死亡はいつで理由は?

ダンブルドアの死亡した時期と理由を解説していきます。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」この作品の中でダンブルドアは死亡してしまいました。

理由は後ほど詳しく説明しますが、天文台の塔でスネイプが死の呪いを使い、ダンブルドアを殺害してしまいました。

死んじゃうのは悲しいけど、呪いの魔法で殺すのはハリーポッターって世界観を感じるよね!

 

ハリーポッターの謎のプリンスで死亡?

先ほども作品名を紹介しましたが、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」で死亡しています。

スネイプに殺されてしまいますが、実はダンブルドアは自分が死ぬことでホグワーツの生徒たちを守るという決断をしました。

自分が死んで生徒を守るってすごくかっこいいよね!
だけどどうして自分の死が、守ることに繋がるんだろう?

そしてスネイプに、自分を殺すように志願したという真実がありますが、詳細は後ほど詳しく説明していきます!

 

自分の意志だった?

ダンブルドアは長年探していた、死の秘宝の1つである蘇りの石という指輪をゴーントの家で見つけ直接装着してしまいました。

その石には呪いが施してあり、内容は「死の呪い」!

そしてスネイプが呪いを封じ込めましたが、効果を消すことができず、寿命が1年とダンブルドアは理解をしていて、その命を有効活用するために、スネイプに殺すように志願しました。

あと1年の寿命を削ってまで殺してもらう理由は、とても大きな気がするよね?

 

ダンブルドアとスネイプの関係も紹介!

ダンブルドアとスネイプの関係は、校長と先生という関係だけでなく、信頼関係で結ばれていると考えられます。

理由としては、作品の中で他の人に頼むことができないことを、ダンブルドアはスネイプに頼んでいたからです。

我輩に多くを求めすぎではありませんか?ってスネイプのセリフがあるのはそういうことなんだ!

頼み事には二重スパイをすることや、ドラコ・マルフォイを見守り殺害させないこと、そしてダンブルドアを殺すことなど、確かに無理の多い頼み事が多いですよね!

そしてスネイプにもダンブルドアに対して、ハリーを守っていることを知られないようにする願いを聞き入れた恩もあり、2人は相互的な協力をしていたこともわかりました。

 

なぜスネイプに殺害を依頼?

先程説明したように、ダンブルドアは呪いにより寿命が一年であり、そのことをスネイプは知っています。

そしてスネイプは「破れぬ誓い」というものをナルシッサ・マルフォイと結んでいました。

内容は「ドラコ・マルフォイがダンブルドアを殺せなかった時はスネイプが殺す」で誓いを破ればドラコもスネイプも死ぬ誓いです。

それを知っていたダンブルドアは、自分が死ぬことによって2人の命を助けることができるためにスネイプに依頼しました。

 

ダンブルドアの最後はどうだったの?

結論から申しますと、ダンブルドアは最後自分の指示によりスネイプに殺され死亡してしまいます。

作品の中ではホグワーツの生徒だけでなく、魔法界でとてつもなく大きな信頼を得ていたキャラクターなのはご存知でしょうか?

そんな超重要キャラクターが死んでしまう作品ですので、まさに結末は読めないですよね!

ちなみにダンブルドアは116歳なんだって!
すごい長生き…殺されてなかったら何歳まで生きていけるのかも気になる

 

まとめ

今回はハリポッターの作品に出てくるダンブルドアとスネイプの関係性。

ダンブルドアの死亡理由や、いつ死んでしまったのかを解説しました。

理由を知ってしまうと、すごく苦しい気持ちになってしまいませんか?

スネイブは生き続けるけど、とても苦しい気持ちだと思うな

ハリーポッターは1月12日の金曜ロードショーで、四週連続の放送がきまっているのはご存知でしょうか?

最終週の2月2日地上波発でファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密が放映されます!

是非この機会にハリーポッターの世界を楽しんでみてください!